カテゴリー
Blog 徒然に

柔術・体術の事

 柳心会を始めるにあたりこれまで学んで来た素手で行う技術を「体術」・「柔術」の二つに分けて指導を行う様にしました。体術は、柳心会として学んで貰いたい体捌・崩し・極め等の基礎・基本を中心とした体系。柔術は体術で学んだすべを踏まえて、剣術・居合術等と共通する概念、技術を含んだ体系。

 体術も柔術も表向きだけをみれば、特に大きな違いは見えません。体術として守るべき点と柔術として守るべき点が違うだけとも言えます。(特に柔術は取りも受けもその時の稽古の方向性と意識の持ち方が大切になって来るのである程度の技量が求められます)基礎・基本的表現・応用的表現とも云えるかもしれません。

 柳心会としては、暫くは体術として稽古を重ねて、ある程度の理解が見受けられる様になったら柔術も少しずつ稽古が出来ればと考えています。